学校のあらまし

 武蔵野大学に隣接する、緑豊かな住宅地の中にあり、学区内には武蔵野中央公園、グリーンパーク遊歩道があります。また、地産地消を大切にする武蔵野の数少ない農地もある、人情味あふれる地域です。
 学校の由来でもある千川上水は、江戸の六上水のひとつとして、この地からはじまり、豊島区西巣鴨まで、現在も美しい流れを残しています。
 千川小学校の校舎は、最高裁判所庁舎を設計した岡田新一氏の設計で、オープンスペース、ふれあいホール、わくわく広場など、児童の多様な学習活動を可能にする施設です。児童の個性や能力を生かすことを大切に、教育活動を展開しています。

 

■児童在籍状況

 

  1年 2年 3年 4年 5年 6年
学級数 2 2 2 2 2 2 12
25 32 31 23 35 20 166
19 23 28 21 27 24 143
44 55 60 44 62 44 309

(平成29年9月1日現在)

 

■職員数

 

 41名

 

■校 歌

 

作詞 校歌制定委員会
作曲 安西 愛子

一.

緑にもゆる 武蔵野の
清き大地を ふみしめて
みんななかよく きたえあう
強く 大きく すこやかに
のびよう 千川小学校
二.

変わらぬ富士を 窓に見て
学びの道を ひとすじに
みんななかよく みがきあう
正しく きびしく 美しく
ひらけ 千川小学校
三.

歴史をひめる 千川の
すずしき流れ たゆみなく
みんななかよく 助け合う
力をあわせ 声高く
きずけ 千川小学校
 


こちらをクリックすると校歌を聴くことができます。(MP3形式 407KB)
※「ファイルが見つかりません~」と表示される場合は、
右クリックでダウンロード後、再生してください。

 

 

←学校案内のトップに戻る

更新日:2017年09月06日 14:25:42